えっ!2030年代にはガソリン車がなくなる?!



世界的な潮流でも、各主要国を始めカーボンニュートラル(脱炭素)に向けており、


日本もその例外にもれず2050年を目処に、「2050年カーボンニュートラル宣言」をしました。

また、2030年代半ばまでにはガソリン車廃止の政府方針が打ち出されており、今後EV車すなわち電気自動車はもちろん、それにともないV2H機器の需要が高まっていくことはもはや必至と言えるでしょう。


まだ先のことのようにも思えますが、ほんの10年先には過去の10年と比べデジタル社会化が進み目場ぐるしく移り変わりの早い時代へ突入しました。


EV車(電気自動車)が道を走っている光景が当たり前のようになっていくことが今後、予想されます、これを機に『V2H機器の導入』を考えてみるのもいいかもしれませんね♪


世界全体の活動ともいえる『 SDGs 』今後の動向も注目したいと思います。