V2Hだけでは意味がない??

電気自動車はご家庭のコンセント「100V / 200V」 で充電するのが一般的です。


【充電器とV2Hの違い】

普段よく見かけることが多いスタンド型の充電器はディーラー・商用施設・コンビニに良く設置されています、最近ではホームセンターなどでも見かけたことがあるのではないでしょうか?




これは一般的に充電器は充電のみの役割です。

そこから充電と供給の相互の役割を果たせる「V2H」機器の登場により、より日々の暮らしとカーライフが豊かになりつつあります。


【V2Hのメリット】

先にご紹介したとおり、クルマへの充電はもちろん、家庭への給電ができる点。


・電気使用量が安い時間帯である深夜に充電し、日中給電すれば、長い目で見て経済的な効果が期待できる


・震災時における停電などの、“もしも”のときに電気が使用できる(日本は災害大国ですからね……)


・充電が他の充電方法より比較的早いため、充電不足を気にする必要があまりないと言う事


が挙げられます。ほかにもありますが理解しやすく、この程度にしておきます。


【V2Hのデメリット】

・蓄電池や電気自動車が無いと役割を果たせない。→(解決出来ます!)

・蓄電池設備に加えて更に購入費用が掛かる点 →(解決出来ます!)


太陽光発電 + V2H機器 + 電気自動車や蓄電池の使用で電気代を自給自足の実現が出来る!なんてことももはや夢ではありません。


今回はV2H機器の魅力についてご紹介しました。


次回は、そんなV2Hについて、もう少し詳しくご紹介していきたいと思います!